TOP > レシピ > 囲みごはん > 定番!「焼き餃子レシピ」野菜は塩もみせずにジューシーに!

定番!「焼き餃子レシピ」野菜は塩もみせずにジューシーに!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%A4%83%E5%AD%90.jpg
調理・撮影 かめ代。

手作り餃子は、色々な作り方がありますよね。
私は、先に片栗粉入りの調味料をボウルに入れてひき肉を練り混ぜてから、刻んだ野菜を塩もみなしで軽く混ぜます。
肉だねに片栗粉が入っていて最初に練り混ぜているので、野菜を生で入れてもたねがバラバラになりません。
粘りを出すために先に塩だけで練る方法もありますが、かなり粘性がでて以前肩を痛めてしまったことがあり(作りすぎて・・・笑)、塩だけでなく調味料をすべて混ぜたものに肉を入れて練るのが筋肉の少ない方にはおすすめです。
あっという間にできる上、野菜の水分とうまみでとってもジューシーに仕上がります。

(調理時間 45分)

材料(30個分)

餃子の皮 30枚
豚ひき肉 200g
キャベツ 200g
ニラ 1/2束(50g)
片栗粉 適量 ※大さじ3程度 包んだ餃子の下に、くっつき防止用にバットに広げる

A しょうゆ 大さじ1
A ごま油 大さじ1
A 酒 大さじ1
A 片栗粉 大さじ1
A 砂糖 小さじ1
A 塩 小さじ1/2
A にんにく 1かけ 
A しょうが 1かけ
A こしょう 少々

油 適量
湯 2カップ
仕上げのごま油 適量

つけだれ 適量(酢しょうゆや酢こしょうなどお好みで)

  • 一般的な4~5人用のホットプレートの平面プレートを使用しています。

下ごしらえ

・ キャベツは粗みじん切り、ニラは5mm幅の小口切り、にんにくとしょうがはすりおろす。

  • ホットプレート調理は加熱をはじめたら最後まで!調味料や食材の下ごしらえをすませてから調理をスタートしてください。

作り方

1.餃子の肉だねを作る

ボウルに(A)を入れて混ぜ、豚ひき肉を入れて白っぽくなるまで練り混ぜてからキャベツとニラを入れて混ぜる。

  • 肉だねは冷蔵庫で30分以上寝かせると味がなじみます。

2.皮で包む

2  餃子の皮で包み、片栗粉(大さじ3)を広げたバットにのせていく。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%A4%83%E5%AD%90.jpg

3.餃子を焼く

ホットプレートに油を全体に広げて高温(250度程度)で熱し、②の餃子を並べ入れる。湯を回し入れて蓋をして7~8分加熱する。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%A4%83%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%941.jpg

蓋をあけて水分を飛ばし、ごま油を回しかけてこんがりと焼いて保温に。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%A4%83%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%942.jpg

コツと注意点

  • キャベツ等の野菜は、粗みじん切りでよいので、包丁でカットするのをおすすめします。
    フードプロセッサーなどで野菜を粉砕する際は、細かく粉砕しすぎると混ぜる前に野菜の水分が出ててしまうため、肉だねがまとまりません。
  • ひき肉料理には砂糖を入れると水分を保持してジューシーに仕上がりますが、量はお好みで。
  • この分量で、すりおろしにんにくをたっぷり(この分量の3~5倍)入れると、トロミがでてよりジューシーになりますので、にんにく好きの方はお試しください。
  • 片栗粉をバットにしいて包んだ餃子を置いていきます。餃子の底面に片栗粉がついたまま焼くと、湯を入れた際に溶け出して自然な薄い羽根ができます。
  • 水ではなく湯を入れてください。
  • 最後に全体にごま油をかけると、底面がパリッと焼けます。
  • 機種により、焼きムラが出来ることもありますが、時間とともに水分が蒸発しますので、底面がパリパリのところから食べていってくださいね。

楽しみ方

酢醤油(酢大さじ2に対して醤油大さじ1)につけて頂くのはもちろんのこと、パクチーやライム、「にんにく酢」などを用意してエスニック風に。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%88%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

酢にこしょうをたっぷりいれた「酢こしょう」や、も最近のお気に入りです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%85%A2%E3%81%93%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86.jpg

【補足】 コンパクトタイプのホットプレートで調理する場合

コンパクトタイプのホットプレートでも同様に調理できます。焼く時に半量ずつ焼いてください。

調理手順は全く同じで作っていただけます。

関連記事

使用調理器具

関連書籍

関連タグ

「囲みごはん」に関連するレシピ

一覧

「ホットプレート料理」に関連するレシピ

一覧

かめ代。について

かめ代。(料理家 亀山 泰子)

高等学校で家庭科を教えていた経験から丁寧で分かりやすいレシピ作りに定評があり、テレビ、雑誌、企業やCMのレシピ開発、料理イベント講師などで活動中。毎日の食事作りの負担を減らす「心がラクになる」レシピ作りを目指し、メディアで紹介した楽しいホットプレートレシピは300レシピ以上、毎週連載している手軽な2品弁当レシピは現在700レシピ以上を紹介している。著書に、「かめ代の節約毎日ごはん」(宝島社)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)、「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他。
1968年生まれ 岡山県倉敷市在住。