TOP > レシピ > 囲みごはん > 出汁いらずで本格的な味わい!ホットプレートで麵が香ばしく美味「ニラもやしのあんかけ焼きそばレシピ」

出汁いらずで本格的な味わい!ホットプレートで麵が香ばしく美味「ニラもやしのあんかけ焼きそばレシピ」

レシピ・調理・撮影 かめ代。

ホットプレートで香ばしく焼き付けた麵と、たっぷりの「ニラ」と「もやし」。
もちろん、市販の中華だしなどは使いません。
鶏と豚、2種類のひき肉を使って、とてもおいしいあんかけができます。
材料はお手頃なものだけ。是非!楽しく作ってみてください。

(調理時間 30分)

材料(4~5人分)

中華麺(蒸し) 4袋
片栗粉 大さじ2

豚ひき肉 200g
鶏ひき肉 200g 
もやし 2袋(400g)
ニラ 2袋(200g)
油 大さじ2 + 適量
ごま油 大さじ1
豆板醤 小さじ1~ お好みで
ラー油 適量 お好みで


A水 2カップ
Aオイスターソース 大さじ3
Aしょうゆ 大さじ3
A酒 大さじ2
A砂糖 小さじ1

B片栗粉 大さじ2
B水 大さじ4

  • 一般的な4~5人分のホットプレートの平面プレートの分量です。。

下ごしらえ

 ニラは、根元は小口切りに、葉の部分は5cm幅に切る。

中華麵をほぐし、片栗粉(大さじ2)をまぶしておく。

  • ホットプレート調理は加熱をはじめたら最後まで!
    調味料や食材の下ごしらえをすませてから調理をスタートしてください。

作り方

1.中華麵を香ばしく焼く

ホットプレートに油を広げて中温(200度程度)で熱し、麺をほぐしながら平らに広げ、ヘラで軽く押さえて形を整える。

蓋をして、そのまま触らずに4分程度(こんがりと焼けるまで)加熱する。

こんがりと焼けたら、ヘラで返しやすいブロックに分けてカットして裏返す。

両面こんがりと焼けたら、一旦取り出す。

  • 小さめにカットしておくと、食べる時にとりわけしやすいです。

2.あんを作る

ホットプレートに、ニラの根元の部分と豆板醤とごま油を入れてから高温で熱して炒める。

  • ニラの根元の白い部分は、にんにくに似た香りを多く含有するため、捨てずに炒めると香ばしくうまみもでます。小さくカットした方がより香りがでるので小口切りに。

鶏ひき肉と豚ひき肉を入れて炒める。

  • 2種類の肉でうまみを倍増しています。

Aを入れて全体を混ぜ、ホットプレートの蓋をして3分程度煮込む。

  • ひき肉から出汁がでるので、特別な出汁はいりません。

Bの水溶きかたくり粉をよく混ぜて全体に回し入れ、底からヘラでしっかりと混ぜて火を通してトロミをつける。

3.ニラもやしをあんにからめる

ホットプレートのまわりにヘラであんをよせて中央にニラともやしを入れる。

ヘラで手早く全体にからめる。

  • 大量のニラともやしは、先に炒めてしまうと火が通りすぎてしんなりしてしまうので、あんを先に作ってから後でからめています。シャキシャキの状態がおいしいです。

4.中華麵を戻し入れる

ニラもやしあんを中央によせる。

取り出していた麺をまわりにのせて保温にする。仕上げにお好みでラー油を全体にかける。

コツと注意点

  • 多量の冷たい水をプレートに入れると、機種によっては、急激な温度低下によって 、プレートの材質を傷めたり、再び温度が上がるまでに時間がかかることがあります。軽く温めてから入れてください。

楽しみ方

ランチにも、家吞みのおつまみとしても重宝します。

とりわけて、ピリ辛が好きな方は、ラー油をたっぷりとかけてお召し上がりください。

【補足】 コンパクトホットプレートで調理する場合

2~3人分のコンパクトタイプのホットプレートで調理する場合は、材料は、すべて半量にしてください。

調理手順は全く同じで作っていただけます。

関連記事

使用調理器具

関連書籍

関連タグ

「囲みごはん」に関連するレシピ

一覧

「ホットプレート料理」に関連するレシピ

一覧

かめ代。について

かめ代。(料理家 亀山 泰子)

高等学校で家庭科を教えていた経験から丁寧で分かりやすいレシピ作りに定評があり、テレビ、雑誌、企業やCMのレシピ開発、料理イベント講師などで活動中。毎日の食事作りの負担を減らす「心がラクになる」レシピ作りを目指し、メディアで紹介した楽しいホットプレートレシピは300レシピ以上、毎週連載している手軽な2品弁当レシピは現在700レシピ以上を紹介している。著書に、「かめ代の節約毎日ごはん」(宝島社)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)、「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他。
1968年生まれ 岡山県倉敷市在住。