TOP > レシピ > ハレの日のごはん > 焼き肉のたれドレッシングで!「ステーキと焼き野菜のごちそうサラダレシピ」

焼き肉のたれドレッシングで!「ステーキと焼き野菜のごちそうサラダレシピ」

料理・撮影 かめ代。

パーティーやおもてなしに、とても便利なごちそうサラダです。
ドレッシングは覚えやすい「焼き肉のたれ:酢=1:1」。
ステーキ肉と野菜を焼いておくだけで、あっという間にサラダの準備ができます。
かんたんで人気のサラダレシピ。野菜は季節の野菜でお楽しみください。

調理時間 30分(肉を室温に戻す時間はのぞく)

材料(作りやすい分量 4人分程度)

ステーキ肉 2枚(400g) ※厚さ2cm程度のロース肉使用
塩、こしょう 各適量
オリーブ油 大さじ1
ズッキーニ  1本(1cmの輪切り)
なす 1本(1cmの輪切り)
パプリカ 赤&黄 各1個(1cmの輪切り)
お好みの葉野菜 適量 

ドレッシング
A 焼き肉のたれ 大さじ4 
A 酢 大さじ4

下ごしらえ

・ステーキ肉は、30分程度前に冷蔵庫から出して室温にしておく。
・野菜はすべてカットしておく。

作り方

1.ステーキ肉を焼く

フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、肉に塩とこしょうを全体にしっかりめにふって1分焼く。

裏も1分焼く。

菜箸やトングなどで持って側面もすべて1分ずつ焼く。

2.肉汁を落ち着かせる

肉を取り出してアルミホイルで包んでおく。

3.肉を休ませている間に、野菜を焼く

フライパンに野菜を並べ入れ、両面こんがりと焼いて取り出していく。

4.器に盛る

器に手でちぎった葉野菜を敷き、焼いた野菜と5mm幅程度にそぎ切りにしたステーキ肉を盛る。Aを混ぜたドレッシングを添える。

A( 焼き肉のたれ 大さじ4、酢 大さじ4 )

調理のコツと注意点

  • サラダは、冷えた状態でもおいしく食べれるお肉で。霜降りなどの脂が多いものよりも、ももやロースなど脂の少ない部位を薄く削ぎ切りにした方がおすすめです。
  • ステーキ肉を先に焼き、そのうまみや脂で野菜を焼くので、フライパンは洗わずに野菜を焼いてください。
  • たっぷりの野菜は、フライパン一面に入れて両面焼いて取り出していきます。油を吸いやすい「なす」は最後に焼いてください。

保存

  • 冷蔵保存 2日

焼いて肉汁を落ち着かせたステーキは、アルミホイルに包んんだまま、さらにラップをして、カットせずに冷蔵室で保存しておくと翌日もおいしくいただけます。一旦冷蔵した方が固くなり切りやすくなりますのでおすすめです。
野菜も一緒に焼いて冷蔵しておくと、おもてなしのサラダに使う時もすぐに用意できます。
食べる時は常温がおいしいので、盛り付け終わるころにちょうど食べ頃になります。

楽しみ方

どんな野菜にも合いますので、季節のサラダでお試しください。お子さまも一緒に楽しめるよう、ドレッシングは、焼き肉のたれと酢だけにしていますが、大人用には、わさびやマスタードなど、香辛料を添えたり混ぜたりするとよりおいしいです。

大皿にすべて豪快に盛り付けると、テーブルの中央のごちそうになります。取分けてドレッシングをかけてお楽しみください。

関連レシピ

使用調理器具

関連タグ

かめ代。について

かめ代。(料理家 亀山 泰子)

ホットプレート料理の母、お弁当愛好家。
「ホットプレートレシピ」を伝え続けて25年。現在300レシピ以上をメディアで紹介している。
2015年より毎週続けている「お弁当レッスン」他、新聞やサイトにて家庭料理のレシピを連載中。
料理を作る方の「心が楽になる」シンプルなレシピ作りが得意。
1968年生まれ。岡山県倉敷市在住。

新着:レシピ

レシピ一覧