TOP > レシピ > ふだんの日のごはん > 基本の「豚のしょうが焼き」レシピ 定番料理をきちんとおいしく

基本の「豚のしょうが焼き」レシピ 定番料理をきちんとおいしく

調理・撮影 かめ代。 2022年6月10日号「さりお」掲載

あっという間にできて、しっかりごはんのおかずになる「豚のしょうが焼き」。普段のおかずに嬉しいですね。
色々な作り方がありますが、今回は豚肉をたれに漬けずに、片栗粉をまぶして焼いてから、たれをからめるという作り方をご紹介します。
焦げ付かず、油はねが少なく、とてもやわらかな仕上がりになり、漬け時間がいらないので、忙しい日も作る気になります。
しょうが焼きと相性のよい、たまねぎを豚肉と一緒に。しっかり炒めてタレにからめると甘みとうまみが広がります。

(調理時間 20分)

材料(2人分)

豚ロース肉(生姜焼き用) 200g
タマネギ 1/2個
片栗粉 大さじ1/2
油 大さじ1/2

↓下味
A 酒 大さじ1
A 塩 ひとつまみ

↓しょうが焼きだれ
B しょうゆ、みりん、水 各大さじ1と1/2
B しょうがのすりおろし 1かけ分

↓付け合わせ

キャベツ適量(せん切り)、大葉2枚(せん切り)、トマト1/2個(くし形切り)、マヨネーズ 適量

作り方

1.豚肉の筋切りをして下味をつける

豚肉は、筋切りをする(※コツと注意点参照。食べやすく切る場合はすぐに調理してよい)。半分に切って、A【下味】をもみこむ。玉ねぎは薄切りにする。B【しょうが焼きだれ】の材料を混ぜておく。

2.豚肉に粉をまぶして焼く

フライパンに油を入れて中火で熱し、豚肉に片栗粉をまぶして並べ入れて両面軽く焼いて取り出す(今回は箸で食べやすく半分に切っています)。

3.たまねぎを炒める

フライパンの余分な油をふきとり、タマネギを入れてしんなりとするまで炒める。

4.たれをからめる

豚肉を戻し入れて、B 【しょうが焼きだれ】をフライパンに入れて強火にし、上下を返しながら照りがつくまでからめたら火を止める。

5.器に盛る

付け合わせのキャベツや大葉、トマトとともに、豚肉にたれやたまねぎもからめて盛り、マヨネーズを添える。

  • 生姜焼きの付け合わせは、たっぷりのキャベツのせん切りがマスト!キャベツに大葉を挟んで一緒に切ると爽やかな香りのせん切りに。マヨネーズの酸味も生姜焼きにとてもよく合います。

コツと注意点

  • 豚肉は適度に脂のある、ロース肉や肩ロース肉がおすすめです。
  • 豚肉の「筋切り」… 豚肉の脂身と赤身の間の筋を等間隔に包丁の刃先などで切ります。筋切りをすると焼いた時の反り返りを防ぎます。
  • 豚肉は、塩と酒をもみこむことでふっくらとやわらかになり臭みもやわらげます。焼く際には、片栗粉をまぶすことで身縮みが軽減し、たれもよくからみます。たれをからめる際にも火が入るので、②では軽く焼く程度でOK!
  • 生姜焼きだれの割合は、醤油:みりん=1:1。酒は豚肉の下味に使うのでたれには入れていません。
  • 炒めタマネギをからめることにより、砂糖を入れなくてもしっかりした甘みがでて、ピリリとしたしょうがダレによく合います。より甘辛がお好みの場合は、タレに小さじ1程度の砂糖を加えてください。

楽しみ方

ごはんと一緒に。

生野菜もたっぷり一緒に盛り付けていますので、きゅうりなどの酢の物と、味噌汁はいかがですか?

気軽にお試しください。

関連記事

関連タグ

「ふだんの日のごはん」に関連するレシピ

一覧

「主菜」に関連するレシピ

一覧

かめ代。について

かめ代。(料理家 亀山 泰子)

高等学校で家庭科を教えていた経験から丁寧で分かりやすいレシピ作りに定評があり、テレビ、雑誌、企業やCMのレシピ開発、料理イベント講師などで活動中。毎日の食事作りの負担を減らす「心がラクになる」レシピ作りを目指し、メディアで紹介した楽しいホットプレートレシピは300レシピ以上、毎週連載している手軽な2品弁当レシピは現在700レシピ以上を紹介している。著書に、「かめ代の節約毎日ごはん」(宝島社)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)、「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他。
1968年生まれ 岡山県倉敷市在住。